逆浸透膜浄水器 家庭用

業務用?家庭用?逆浸透膜浄水器ってどんな種類があるの?

逆浸透膜浄水器 家庭用

 

 

家でも安全な水が使いたいですね。

 

逆浸透膜浄水器に興味がひかれましたか?

 

 

 

 

逆浸透膜浄水器って、水に含まれる不純物を99.9%取り除くことができるろ過装置を搭載した浄水器のこと。
この逆浸透膜でろ過された水はRO水や純水とよばれ、家で使える最も安全な水といえるでしょう。

 

 

水道水から不純物のほとんどが取り除かれるって、確かに魅力的。

 

 

 

でもひと昔前は、家庭用とうたわれている浄水器でも大型でかなり高額なものばかりでした。

 

高いお金や手間やスペースを使っても、水の安全を確保したい人が利用していたんですね。
広く普及している浄水器とは言えない物でした。

 

水の為に何十万も払う、その後のコストも高額ってことになるとなかなか手がでませんもんね。

 

 

 

 

ただ最近は家庭でも手軽に逆浸透膜ろ過によってできるRO水が利用できるようになりました。

 

浄水器も小型で手軽になってきています。

 

 

 

震災で放射性物質の問題が話題になって以降、水の安全にたいする関心が高まったため、逆浸透膜浄水器も普及しているようです。

 

 

どんな浄水器があるんでしょうか?

 

 

家庭用 逆浸透膜浄水器って?

 

 

逆浸透膜浄水器ってあまり種類がありません。

 

 

選べません!!

 

 

そして、特に業務用と家庭用とに区別はされていないようです。

 

 

ただ、コンパクトになったもののいまだに

 

 

ウン十万円るものがあるので要注意

 

 

です。

 

 

家で使う浄水器にウン十万円も払うのって現実的じゃないですよね。

 

でもどんなものがあるか気になりますよね(笑)

 

 

調べてみました。

 

 

高額な逆浸透膜浄水器

 

 

試しに楽天で逆浸透膜浄水器を、価格の高い順に検索してみますね。

 

 

逆浸透膜浄水器 家庭用

 

 

ね?びっくりでしょ?

 

 

40万円近くしちゃってます。

 

 

今どき家電でも40万するものってなかなかないですよ。

 

 

 

しかも本体の価格の他に

 

 

  • 設置工事費
  •  

  • 交換が必要なフィルター代(30000円から60000円)

 

などがかかってきます。

 

 

このタイプは大抵、専用の水栓が用意されているので手軽につかうことができるものの、

 

 

本体やタンクをシンク下に収納する必要などが発生

 

 

します。

 

コンパクトになったとはいえ、やっぱりある程度のスペースは必要になってくるわけです。

 

 

なるべく物を置かずに広くスペースをとって置きたいシンク周りに浄水器がくるのって、邪魔です。

 

洗いハネや油ハネなどで汚れやすいのもいやですよね。

 

 

手が出ないほど高額な浄水器の説明をしてもしょうがないので、家庭用にふさわしい価格の逆浸透膜浄水器を探してみます。

 

 

 

お手軽価格の逆浸透膜浄水器

 

 

逆浸透膜浄水器 家庭用

 

 

やっと、家庭用にふさわしい感じの価格になりました。

 

 

浄水器に3万円〜5万円...

 

高額な浄水器に比べれば安いってだけで、決して安くはないですね。

 

 

 

ハッキリ言って高いです。

 

 

逆浸透膜浄水器の中では安くても、家で使う浄水器として考えるとまだまだ高い。

 

 

 

つまり、価格の面でみると

 

 

逆浸透膜浄水器って家庭用にはむいてない

 

 

って言えそうです。

 

 

そこそこの値段がするのに、逆浸透膜浄水器の安めのタイプって使い勝手も残念な点が多いんです。

 

 

価格の他にも

 

  • 浄水に時間がかかる
  •  

     

  • シンク周りにスペースが必要

 

 

家で使うにはひっかかるこんなデメリットがあります。

 

 

価格が安めの逆浸透膜浄水器は大抵、蛇口にとりつけてRO水を精製します。
このタイプは、卓上型になるので邪魔になるんですね。

 

例えばこんな感じ...

 

 

逆浸透膜浄水器 家庭用

 

 

 

 

 

しかも、1リットルのRO水を作るために数分〜15分かかります。

 

いい水は利用したいけど、そんなまどろっこしいことはしていられませんよね。

 

 

 

つまり、総合的にみても

 

 

逆浸透膜浄水器は家庭用にはむいてない

 

 

って言えると思います。

 

 

逆浸透膜浄水器より家庭用にむいている方法は?

 

 

 

逆浸透膜浄水器が家庭用にはむいていないからってがっかりすることはないですよ。

 

 

逆浸透膜ろ過装置を搭載しているのは、浄水器だけじゃありません。

 

ウォーターサーバーに逆浸透膜ろ過技術を利用しているものがあるんです。

 

 

「ウォーターサーバーって高いでしょ?」

 

「浄水器の方が手軽でしょ?」

 

 

って思いました?

 

 

いいえ!そんなことありません。

 

どうしてなのか?説明しますね。

 

 

逆浸透膜浄水器よりウォーターサーバーがおすすめな理由

 

 

 

まず最初におすすめのウォーターサーバーを紹介しますね。

 

 

 

 

『クールクー』

 

 

逆浸透膜浄水器 家庭用

 

 

RO水に特化した珍しいウォーターサーバーです。
RO水に水素を充填する「水素水コース」が選べるのも魅力。

 

 

  • サーバー代:月々4200円
  • 床置きタイプ(冷水タンク:約3リットル、温水タンク:約2リットル)
  • 卓上タイプ(冷水タンク:約3リットル、温水:約1.3リットル)
  • 常にRO水が精製されているため、制限なくRO水が使える
  • 水回りから離れた場所に設置可能

 

 

 

 

 

逆浸透膜浄水器 家庭用

 

 

 

 

 

 

『ウォータースタンド』

 

 

逆浸透膜浄水器 家庭用

 

RO水以外の水も利用できて選択肢がかなり多いウォーターサーバー。
『ウォータースタンド』のことがかなり詳しくわかるサイトがあります。

 

こちらも参考にどうぞ♪→『ウォータースタンド』のリアルがわかるサイトはこちら

 

  • サーバー代:月々4800円〜5980円
  • 卓上タイプが充実
  • 離れた場所に設置可能なサーバーあり
  • 冷水・温水の他、常温水が使える

 

 

 

 

 

逆浸透膜浄水器 家庭用

 

 

 

 

 

 

『楽水ウォーターサーバー』

 

 

逆浸透膜浄水器 家庭用

 

基本は一般的な浄水のウォーターサーバー。別途料金を払うとRO水が利用できる。

 

 

  • サーバー代:月々3500円〜4500円
  • 継続使用4年目以降から月々のサーバー代グンとお得になる
  • 高機能なコントロールパネル搭載
  • サーバーがおしゃれで使い勝手もバツグン

 

 

 

 

 

逆浸透膜浄水器 家庭用

 

 

 

ウォーターサーバーのメリットって、

 

 

水回りからは独立して使える

 

 

ところ。

 

 

このメリットは、逆浸透膜浄水器との違いでもあります。

 

 

逆浸透膜浄水器 家庭用

 

 

必要なのはウォシュレットに類似する、簡単な分岐工事をするだけ。

 

これでサーバー本体から浄水した水が出るのが凄く便利。

 

 

しかもそのままコーヒーやカップラーメンまで淹れられるお湯まで出るから、逆浸透膜浄水器と比べると使い勝手は格段に上です。

 

 

もちろん安めの逆浸透膜浄水器のようにRO水を1リットル作るのに、何分もかかるようなこともありません。

 

ウォーターサーバーの種類や機種によっては、水回りから遠く離れた場所に設置できるから

 

逆浸透膜浄水器 家庭用

 

 

こんな場所にも設置できます。

 

 

リビングにサーバーを置けば、いつでもRO水でコーヒーを飲んだりお茶を淹れたりできるんです。

 

 

しかも月々の支払が発生するものの、ウォーターサーバーのほとんどが

 

 

  • メンテナンスが無料
  •  

  • 交換フィルターが無料

 

という嬉しいコストフリー!

 

 

買い切りの逆浸透膜浄水器の場合、こうはいきませんよね。

 

 

家庭で使うことを前提にするなら

 

 

  1. 手軽さ
  2.  

  3. 価格の安さ

 

 

この2点は譲れませんよね。

 

 

しかも見た目もお洒落なデザイン、シンプルなデザインと好みで選ぶこともできます。

 

 

いい水を家で利用するために、家庭用の逆浸透膜浄水器を探しているなら

 

 

断然ウォーターサーバーをおすすめします!