クールクー 悪評

『クールクー』の悪評・悪い口コミってどんな内容?

クールクー 悪評

 

 

『クールクー』を設置する前に、悪評や悪い口コミを把握しておけば安心できますよね。

 

 

でも、

 

 

『クールクー』の悪評、見つからないんです!!

 

 

 

 

だから、『クールクー』のスペックやかかる手間から悪評につながりそうなところ探してみますね。

 

 

 

 

『クールクー』ってどんなウォーターサーバー?悪評につながりそうな点は?

 

 

クールクー 悪評

 

 

 

『クールクー』を一言で説明すると

 

 

RO水が利用できる水道直結型のウォーターサーバー

 

 

これが『クールクー』のウリであり、利用価値がある点なんです。

 

 

 

 

『クールクー』で使えるRO水っていうのは、かなり高度な浄水技術。

 

 

例えるなら

 

 

砂場の水をきれいな飲み水に変えられるほど!

 

 

すごいですよね?

 

 

 

こんな高度な技術で浄化する水ってすごくコストがかかりそうだけど、

 

 

 

『クールクー』は水道水をRO水にかえるから、コスパが最高!

 

 

 

 

水道水って1リットル0.2円〜0.3円と激安で安心して使うことができる水です。。

 

 

だから『クールクー』にある2つのコースのサーバ代

 

 

  • 「ROろ過コース」・・・4200円/月
  •  

  • 「水素水コース」・・・9000円/月

 

 

これだけで、RO水やRO水に水素水を充填した水が飲み放題みたいなもの。

 

 

 

 

完全に純粋な水に限りなく近づけられた、安心・安全のRO水が手軽に利用できるのが『クールクー』のいいところなんです。

 

 

 

「やっぱり悪評につながりそうなところ、みつからないなぁ...」

 

 

じゃ、サーバーに何か悪評につながりそうなところがないか見てみます。

 

 

 

『クールクー』サーバーのスペックは?

 

 

クールクー 悪評

 

 

 

『クールクー』には「卓上タイプ」「床置きタイプ」2つのタイプがあります。

 

 

 

 

 

卓上タイプ

床置きタイプ

冷水:約3リットル 冷水:約7リットル
温水:約2リットル 温水:約3リットル
横幅:26cm 横幅:26cm
奥行:45cm 奥行:45cm
高さ:55cm 高さ:110cm

 

 

サイズやタンクの容量はそれぞれこんな感じ。

 

 

タンクの小さい卓上タイプでも、これだけ容量があれば問題ないですよね。

 

 

 

クールクー 悪評 クールクー 悪評

 

 

水チューブの配管も、こんな風に邪魔にならないようにプロが施工してくれます。

 

 

 

クールクー 悪評

 

 

水道水を使うからといって、水回りに置く必要はありません。

 

だからこんな場所に置くことも可能。

 

 

 

ウォーターサーバーってすぐにお湯が使えるから、その場でコーヒーを淹れることもできます。

 

 

リビングみたいな皆のくつろぎスペースに置けば、家にカフェコーナーがあるみたい。

 

 

いつもコーヒーの香りがただようリビング...

 

 

コーヒーが好きだから、想像するだけでうっとりしちゃう♪

 

 

 

ってやっぱりここでも、

 

 

「悪いところ、みつからないんですよねえ..」.

 

 

 

困ったなっていうのは変だけど、困ったなぁ。

 

 

それじゃ、お手入れの手間はどうでしょう?

 

 

 

『クールクー』のメンテナンスは面倒?悪評につながりそう?

 

 

ウォーターサーバーに限らず、浄水器の内部って思いの外汚れているもの。

 

きれいな水を飲むために使うものだから、

 

 

絶対清潔にしておきたい

 

 

ですよね。

 

 

でも、こういう機器の内部をキレイにするのって手間だし、変にいじって壊れるのが怖い...

 

それで掃除するのをためらっちゃうんです。

 

 

 

 

その点、『クールクー』って安心のメンテナンスフリー。

 

サーバーに自動クリーン装置が搭載されているから、日々のメンテナンスをしなくても安心。

 

 

クールクー 悪評

 

 

 

 

しかも、年1回のプロによるメンテナンスが無料で受けられるからさらにきれいな状態でサーバーを使うことができます。

 

 

クールクー 悪評

 

 

 

どんなに性能がいいウォーターサーバーでも、その性能を維持するための手間が多かったら

 

 

ありがたみも半減

 

 

ですよね。

 

 

「メンテナンスにすっごく手間がかかったら、悪評につながるよね」

 

 

 

って思ったけど、ここでも空振り。

 


見つけた!これなら『クールクー』の悪評につながるかも!

 

 

『クールクー』の悪評...

 

 

『クールクー』の悪いところ...

 

 

う〜ん...

 

 

 

 

「あえていうなら、これかなぁ???」

 

 

 

『クールクー』の悪評につながりそうなところは

 

 

“捨て水”と言われる排水

 

 

がでるところ。

 

 

捨て水ってなに?

 

 

捨て水は、ROろ過装置を使用する場合に必ずでる排水のことです。

 

 

 

 

捨て水とは...

 

 

RO膜(逆浸透膜)という超微細孔のフィルターに水を通す時に生じる排水のこと。

 

細かいフィルターに水を通し、純水とそれ以外をわけるため必ず排水が生じる。

 

 

 

 

 

つまり『クールクー』独自の難点というよりは

 

 

ROろ過技術のデメリット

 

 

不純物が99.9%取り除けるROろ過技術を自宅で安く使うなら、避けられない排水です。

 

 

捨て水はRO水1リットルに対して3〜4リットル排出されます。

 

 

水道水は1リットルで0.3円ほどだから、捨て水の分も含めてRO水のコストを計算すると

 

 

RO水1リットル1.5円

 

 

これは...

 

悪評につながるほど、負担になる金額じゃないですね。

 

 

それじゃ、気になるのは捨て水の処理方法でしょうか?

 

 

クールクー 悪評

 

 

捨て水は、取水と同じようにチューブを配管します。

 

最終的な捨て場所は、食洗器のようにシンクの上に流すかシンク下の排水に直接チューブを接続して流すかのどちらか。

 

 

どちらもプロによる施工なので好きな方を選べばいいですね。

 

 

見た目的にもシンク下に接続するのがいいかも。

 

 

これも...

 

悪評につながるほどのデメリットといえるかどうか...

 

 

 

 

でも捨て水がやっと見つけた『クールクー』の悪評につながりそうなデメリット。

 

 

参考になったでしょうか?

 

 

新しく何かを取りいれる時、失敗したくなければデメリットを把握しておくことが鉄則。

 

 

でもこれじゃあ、デメリットらしいデメリットじゃないような...

 

悪評にもとてもつながりそうにないですよね...

 

 

 

 

こうやって『クールクー』の悪いところを探してみたら、逆に再確認しました。

 

 

『クールクー』ってやっぱりおすすめできるウォーターサーバーです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クールクー 水道代