逆浸透膜浄水器 価格

一般的な逆浸透膜浄水器の価格はいくら?

逆浸透膜浄水器 価格

 

 

家族には安心で安全な水を使わせてあげたいですよね。

 

 

 

 

RO水って、カルキや環境ホルモン、放射性物質まで取り除かれたとても安全な水です。

 

 

赤ちゃんから小さな子供、ペットも安心して飲める水だから

 

 

毎日沢山飲む水はRO水が理想的

 

 

って言えると思います。

 

 

そこで、RO水を使うなら断然水道水をろ過するのがお得。

 

RO水を作り出すろ過技術は、

 

 

そこらへんの水たまりを集めてろ過しても綺麗な飲み水にできるほど!

 

 

凄い技術ですよね?

 

ありとあらゆる成分を取り除くわけだから元の水はどんな状態でも関係ないんです。

 

 

 

ROろ過技術をつかうなら、そのまま飲んでも安全な水道水を使うのが合理的。
だって水道水って1リットル0.2円とか0.3円の本当にコスパがいい優秀な水ですからね。

 

 

で、RO水を作るためにどんな浄化方法がいいのか?ってことなんですが、一番手が届きそうなイメージなのが

 

 

逆浸透膜浄水器

 

 

かもしれませんね。

 

 

何かを買う時、まず気になるのは価格ですよね。

 

逆浸透膜浄水器っていくらくらいするんでしょうか?

 

 

 

一般的な逆浸透膜浄水器の価格は...と言いたいところですが、逆浸透膜浄水器って価格が極端に違うんです。

 

 

大まかに言えば、

 

 

高い方の逆浸透膜浄水器と安い方の逆浸透膜浄水器にわかれる感じ。

 

それぞれの価格を教えますね。

 

 

 

高い方の逆浸透膜浄水器の価格は?

 

 

逆浸透膜浄水器 価格

 

 

逆浸透膜浄水器ってあんまり種類がなくて、選択肢が少ないから同じものがいくつも出ちゃってますね(汗)

 

で、これをみて驚くのが値段の高さ!

 

ですよね?

 

 

そう、高い方の逆浸透膜浄水器は本当に高いんです。文句なしで。

 

 

「今どきこんな高い家電があるの!?」

 

 

って思っちゃうほど。

 

だって、高画質のテレビだってもう安くなってきてますもんね。

 

 

 

 

もうちょっと細かく説明すると「アクアストリート」の場合

 

 

 

 

逆浸透膜浄水器 価格

 

 

  • 本体価格:378000円
  •  

  • 設置:業者の施工が必要(工事費は業者による)
  •  

  • 交換が必要なフィルター:30000円と60000円の2種類

 

 

 

このタイプは、本体にポンプが内臓されていて専用の水栓からRO水が出てくる仕様です。

 

この他に、大きなタンクを設置してそのタンクから専用の水栓にRO水が出るようになっているタイプもあります。

 

 

 

 

高い本体を買って終わりじゃないんです。

 

その後も結構お金がかかちゃうんですよね...

 

 

 

ちなみに、本体の価格が高い程RO水の質がいい!というようなことはありません!!

 

 

「価格の違いは使い勝手」

 

といえそうです。

 

 

それじゃ、安い方の逆浸透膜浄水器を見てみましょう。

 

 

安い方の逆浸透膜浄水器の価格は?

 

 

逆浸透膜浄水器 価格

 

 

高い方の逆浸透膜浄水器に比べればグッと安くなってます。

 

 

でも。

 

 

高いですよね?

 

決して安いなんて言えない価格。

 

 

例えば「ZERO WATER」の場合

 

 

 

 

逆浸透膜浄水器 価格

 

 

  • 本体価格:37800円
  •  

  • 設置:自分で取り付け可能
  •  

  • 交換が必要なフィルター:4200円から10000円の4種類

 

 

 

 

「ちょっと高めだけどRO水のためならいいかも...」

 

 

って思いました?

 

 

それが、実は安い方の逆浸透膜浄水器にはちょっと難点があります。

 

こんな感じ。

 

 

逆浸透膜浄水器 価格

 

 

 

 

説明いりませんよね?

 

 

 

でも説明しちゃいます。

 

まず、これじゃじゃまでしょ?

 

 

更に、安い方の逆浸透膜浄水器には、ポンプも容量の大きなタンクもないものがほとんど(あっても容量のすくない水差し)。

 

 

水道水の水圧だけでろ過するから、すごく時間がかかるんです。

 

1リットルに3〜5分も。
機種によっては15分もかかるものもあります。

 

 

コップ1杯(200ml)を一杯にするのに1分近くも待つなんて、とてもできませんよね。

 

 

これが、安い方の逆浸透膜浄水器の難点。

 

 

ちょっと実用的とは言い難い内容なんです。

 

 

2種類の逆浸透膜浄水器の価格からわかると思いますが、

 

 

逆浸透膜浄水器ってあまりおすすめできません!

 

それじゃあ、家でRO水をつかうのは諦めた方がいいんでしょうか?

 

 

いいえ。いい方法があります。

 

 

 

逆浸透膜浄水器より水道直結型ウォーターサーバーのがおすすめ!

 

 

そう、家で使うなら逆浸透膜浄水器よりもRO水が使える水道直結型ウォーターサーバーの方が断然おすすめなんです。

 

 

ウォーターサーバーと浄水器をくらべれば、断然ウォーターサーバーの方が場所も取るし大がかりで面倒なイメージですよね。

 

 

それがそうでもないんです。

 

 

 

ウォーターサーバーは、ポンプが内臓されています。
だから水道水のようにRO水をじゃんじゃん使うことが可能。

 

 

この点は高い方の逆浸透膜浄水器と同じですよね。

 

そして水道直結型ウォーターサーバーは、本体買い切りではなく月々のレンタル代が必要になります。

 

毎月毎月、サーバー代を払っていけばいつかは高い方の浄水器の値段に近づきますよね。

 

 

 

 

でも

 

水道直結型ウォーターサーバーはフィルター代が無料、メンテナンスも受けられる

 

 

この点が大きく違います。

 

 

 

そして、広い場所が必要になるイメージもありますよね。

 

 

その点も大丈夫。

 

 

簡単な施工で水回りから離れた場所に設置することもできるから

 

 

逆浸透膜浄水器 価格

 

 

水回りから離れたこんな場所にサーバーを設置することもできるんです。

 

 

床置きタイプの他に卓上タイプもあるから、自分のライフスタイルに合わせてサーバーを設置できます。

 

 

しかも、ウォーターサーバーって冷水も温水もでるからRO水でお茶を淹れたりコーヒーを飲んだり、カップラーメンを作ることまでできるんです!!

 

 

水道直結型ウォーターサーバー、気になり出しましたか?

 

 

ついでだから説明しちゃいますね(笑)

 

 

 

水道直結型ウォーターサーバーの中でも特におすすめの3つを紹介します!

 

 

 

 

 

『クールクー』

 

 

逆浸透膜浄水器 家庭用

 

 

RO水に特化した珍しいウォーターサーバーです。
RO水に水素を充填する「水素水コース」が選べるのも魅力。

 

 

  • サーバー代:月々4200円
  • 床置きタイプ(冷水タンク:約3リットル、温水タンク:約2リットル)
  • 卓上タイプ(冷水タンク:約3リットル、温水:約1.3リットル)
  • 常にRO水が精製されているため、制限なくRO水が使える
  • 水回りから離れた場所に設置可能

 

 

 

 

 

逆浸透膜浄水器 家庭用

 

 

 

 

 

 

『ウォータースタンド』

 

 

逆浸透膜浄水器 家庭用

 

RO水以外の水も利用できて選択肢がかなり多いウォーターサーバー。
『ウォータースタンド』のことがかなり詳しくわかるサイトがあります。

 

こちらも参考にどうぞ♪→『ウォータースタンド』のリアルがわかるサイトはこちら

 

  • サーバー代:月々4800円〜5980円
  • 卓上タイプが充実
  • 離れた場所に設置可能なサーバーあり
  • 冷水・温水の他、常温水が使える

 

 

 

 

 

逆浸透膜浄水器 家庭用

 

 

 

 

 

 

『楽水ウォーターサーバー』

 

 

逆浸透膜浄水器 家庭用

 

基本は一般的な浄水のウォーターサーバー。別途料金を払うとRO水が利用できる。

 

 

  • サーバー代:月々3500円〜4500円
  • 継続使用4年目以降から月々のサーバー代グンとお得になる
  • 高機能なコントロールパネル搭載
  • サーバーがおしゃれで使い勝手もバツグン

 

 

 

 

 

逆浸透膜浄水器 家庭用

 

 

 

 

浄水器って聞くと、手軽なイメージだけど実は全然違うんです。

 

 

逆浸透膜浄水器は水道直結型ウォーターサーバーにとってかわられたイメージ。

 

 

家でRO水を使いたいなら、逆浸透膜浄水器と水道直結型ウォーターサーバーを比べてみてください。

 

 

きっと納得のいくものが見つけられると思いますよ♪